在宅副業・始め方ベストライフ

在宅副業・始め方ベストライフ

サラリーマンが自宅仕事するのに必要なことは

サラリーマンのお小遣いは、ピーク時の平均7万円から下がり続け

今は、3.5万円ぐらいが平均だそうです。

40歳代の平均が一番低く、3.2万円ぐらいとか・・・

そりゃ、子度も、家族持ちは、40歳代が一番家計の負担か重くなる時期ですから仕方がありませんね。

しかし、3万円そこそこだと付き合いや、資格の取得などいろいろなことにコストをかけられないので

出世にも響いてくるという結果があるようです。

そこから脱するには、賃金が伸びる見込みがないわけですから、やっぱり副業でなんとか収入を増やすしかありません。

しかし、サラリーマンが取れる時間なんて限られているわけですよね。

帰宅後の数時間、と休日だけでしょう。

そこでアルバイトなんてもったきたら、たぶん40歳代以降ではかえって、体力的にきつくなり本業に支障が出てしまうというもの。

ですから、自宅で、収入を得られるようにするしかないのです。

サラリーマンの在宅副業は、やっぱりネットで稼ぐ方法しか考えられないのではないかと思います。

いろいろな本を読んだり、ネットを検索すれば、稼ぐ方法は見つかると思います。

しかし、高額なノウハウなどにお金をかけないように注意しましょう。

一般書籍程度のコストで、十分必要な情報は得られると思います。

年収の10分の一程度の在宅副業収入はほしい

どのぐらいの収入を在宅副業で稼ぐ必要があるのか考えた時、

消費税の導入で、4年後、1ヶ月分程度の収入が負担増としてかかると試算されていますから

最低でも年収の10分の一程度は稼がないと、

在宅副業による家計の負担減はできないと思います。

月収の12分の一程度の収入増では、生活費の負担増で、消えてなくなってしまうという事です。

つまり月収の10分の一以上は毎月稼げる在宅副業にする必要がありますね。

30万円の月収ならば、3万円以上ということです。

家計をより豊かに、楽にするのだったら、月収の2割ぐらいは、在宅副業で稼ぎたいとこてろです。

そう考えると、平均的には、月に5万円以上の収入になるようなものにすべきではないかと思います。

少しでも収入は多いほうがいいわけですが、それ以下の収入にしかならないような在宅副業では

それだけ時間と労力を犠牲にして収入を得るわけですから、

あまりよい効率の副業とは言えなくなりますから、在宅副業を始める前に、その肘゛ネスでどの程度結集を見込めるかという計算も必要になると思います。

とはいっても、在宅副業の道はそんなに楽に見つかるわけではないので、少しでも収入の足しになればと、効率が悪くてもやってしまう事になるとは思いますが。

資格やスキルを取得しよう

副収入や在宅ワークをするのに必要なことは、スキルを持っていることや資格を持っていることが絶対条件ではありませんが。

 

やはり特技があったほうが絶対に有利です。

 

例えば、英語が得意だったら、英会話教室、翻訳、WEBページの英語化などの仕事ができます。

 

絵が得意だったら、イラストや漫画をアウトソージングサイトで提供して稼げます。

 

何か得意なことを持つだけで、副収入の方法は無限に広がっていくのです。

 

トップへ戻る