自宅仕事在宅ワーク・在宅副業の始め方ベストライフ

在宅副業

在宅副業記事一覧

なんでも10年前から今までで年収は50万円以上減ってしまっているとききました。 50万円以上って相当な金額になります。 ずっと左肩下がりの日本の現状では、景気がよくなったとしても、それは企業だけで、一般の会社員は年収が増えないと考えられます。 企業の景気が良くなっても、それは一部のエリートの給与や設備投資、海外の拠点での賃金に使われてしまって、国内のサラリーマンのきゅうよには反映しないという...

確定申告の受付がはじまりましたが自分には関係ナイと思っていた人も要注意です。 この不景気ですから、サラリーマンでも、主婦でも在宅副業などで副収入が有った人はちゃんと確定申告行わナイといけません。 ちゃんと申告しておかナイと後で痛い目にあいますからね。 副業など副収入で申告する意外にも、医療費がたくさんかかったという場合は戻ってきますので、還付申告も重要ですし・・・・ 確定申告行わナイと住宅ローン...

働く女性の70%が年収300万円未満というのですから、これは外に働きに出ていても対して収入は増えないと考えるべきかもしれません。女性の社会進出がはじまってひさしいですが・・・・結局仕事は大したものが与えられず、扱いも男性とは違いますよね。しかし家庭では重要な働き手となって、家計の生計を助けているのは女性です。もはや夫の給与だけでは厳しいのが日本の現状ですから仕方がありません。ただパートにも年期なの...

貯蓄がないと答えた世帯が過去最高になったそうです。平均の貯蓄額も減っていて、その原因の多くは、収入が減って取り崩したというもの金融広報中央委員会が22日発表した2011年の「家計の金融行動に関する世論調査」によると、2人以上の世帯で「貯蓄がない」と答えた世帯の割合が28・6%に上り、調査を始めた1963年以来、過去最高となった。 貯蓄の平均値は1150万円で、前年より19万円減った。人々の実感に近...

公務員の退職金は民間より400万円も多いそうです。引き下げも検討するそうですが、実現するかどうか・・・・年金どうなるんでしょうね・・・消費税が上がって、年金が下がったら、定年後の生活はどうなるんだろうと誰もが心配になってしまいますね。年金支給開始が68歳とかに引き上げになるのも時間の問題だと思いますし・・・介護保険料もどんどん上がってきていますし、高齢になっても、医療費の窓口負担があります。退職金...

大人気のスマートフォン。アプリもたくさん出ていて、ゲームなども大人気ですがそれだけ、作成者の需要もあるという事です。もちろんプログラマでなければそんな在宅の仕事がきるわけではありませんが・・・フリーのプログラマが年収1千万円もざらというのを聞くと、今からでも学びたくなりませんか。スマートフォンアプリは、iPone とアンドロイドでは、開発言語が違うのでどちらにするかによって異なりますがWindow...

絵が得意、イラストが得意というような人はイラストレーターとしての在宅副業なんてどうだろうかやはり自分の得意な事生かして、それを商品やサービスとして売って稼ぐというのは理想的でしょう。またイラストが描けるのならば、創作文章をもとに、絵本を作ってあげるというような、オリジナル絵本サービスなんていいのではないかと思います。セミオーダー式のオリジナル絵本はよく売ってっているのを見かけますが、オーダーメード...

通信販売は、在宅でできるビジネスですので、在宅副業ビジネスとして考えられますが、副業としては結構コストと手間がかかるのが、ネットショップビジネスです。開業事態は、無店舗ですから、資金がそんなにいらないわけですが、日々商品を出荷しなければなりませんから、夜にか家に帰らないというサラリーマンの在宅副業とすると、ちょっとと困難だと思います。週末だけ発送すればいいようなものというのは、そうそうはないと思い...

スキルや資格を取得して、在宅副業を作るというのも一つの方法ですが、自分の好きなこと、趣味を追求して、収入につなげるという方法もあると思います。もちろんどんなことでも、収入につながるわけではありませんが。今は、個人が作品をお金をかけずに発表できる時代です。ソフトが作れれば、アプリを販売すればいいでしす・・・イラストが書ければ、ホームページ素材を売ったり、挿絵ライターや、デジタル商品のイラストを作った...

トップへ戻る