スマフォアプリで在宅ワークするならばJAVAを学べ

スマフォアプリで在宅ワークするならばJAVAを学べ

スマフォアプリで自宅仕事するならばJAVAを学べ

大人気のスマートフォン。アプリもたくさん出ていて、ゲームなども大人気ですが

それだけ、作成者の需要もあるという事です。

もちろんプログラマでなければそんな在宅の仕事がきるわけではありませんが・・・

フリーのプログラマが年収1千万円もざらというのを聞くと、今からでも学びたくなりませんか。

スマートフォンアプリは、iPone とアンドロイドでは、開発言語が違うのでどちらにするかによって異なりますが

Windows系のパソコンになれているのならば、やっぱりアンドロイドでしょう。

iPone だとマックPCが必要になってしまうので。

アンドロイドのアプリは、プログラミング言語としてJAVA言語がつかわれていますから、まずJAVAを学ぶ必要があります。

そこが学べれば、先はそんなに遠くないので、もしトライしてできそだったらみっけものです。

在宅副業の道につながるというか、個人事業主としての自宅開業もできると思います。

たった一人で年収1千万円も夢ではないのがプログラマーですからね。


トップへ戻る