貯蓄がないと答えた世帯が過去最高に。副収入に必修になりそう

貯蓄がないと答えた世帯が過去最高に。副収入に必修になりそう

貯蓄がないと答えた世帯が過去最高に。副収入に必修になりそう

貯蓄がないと答えた世帯が過去最高になったそうです。

平均の貯蓄額も減っていて、その原因の多くは、収入が減って取り崩したというもの
金融広報中央委員会が22日発表した2011年の「家計の金融行動に関する世論調査」によると、2人以上の世帯で「貯蓄がない」と答えた世帯の割合が28・6%に上り、調査を始めた1963年以来、過去最高となった。

 貯蓄の平均値は1150万円で、前年より19万円減った。人々の実感に近い中央値(答えた世帯の中間の値)は前年より80万円少ない420万円だった。

 貯蓄残高が1年前に比べて「減った」世帯は40・5%で、「増えた」世帯(21・3%)の2倍近くになった。減った理由(複数回答)は「収入が減ったので取り崩した」が43・3%で最も多く、景気減速が家計に大きな影響を与えている。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120222-00000990-yom-bus_all

 

きっと投資信託などの投資で損出を出して人もいるでしょうが、なんにしても収入自体が減っているのだから、貯蓄は厳しいわけです。

生活レベルを落として、支出を削るか、このままでは貯蓄はどんどん減るでしょう。

やっぱりどう考えても、内職や自宅仕事とか・・・

自宅開業できるビジネスを見つけるとかしないと・・・

賃金が上がっていくとはとても思えない時代ですからね。

今ようやく久ぶりに80円台にのりましたが・・・円安になると物価が上がるわけで、賃金が伸びずに物価が上がる

消費税や所得税があがるでは、いくら節約してもだめなわけで、収入を増やすしかないですからね。

またこれからは、内職系にはたよるべきではないと思います。

どんどん製造業は海外にでていっていますから、仕事はへったり、単価がやすくなるばかりです、少しお金や時間を使ってでも、在宅でビジネスできるような能力を身に着けるべきでしょう。

トップへ戻る