年収の低さが、結婚できない理由、少子化つながっている

年収の低さが、結婚できない理由、少子化つながっている

年収の低さが、結婚できない理由、少子化つながっている

日本の根本的な原因、少子化による人口減少で、国内の市場が狭まっていくという問題。

適齢期の男性の61%もの人がいまや、交際する女性すらいないという状況。

これは収入格差が広がり、中間所得層以下の人が増えているからでもあると思います。

年収300万円台では、結婚して、子供を2人以上という家族計画はとてもたてにくということです。

交際するにも、懐具合が寂しければ、ついついおっくうになりますしね。

正社員で給与をもらっても、そう言う状況ですから、派遣やアルバイトで食いつなぐ人が増えているいじょうそれがより強くなりますよね。

結婚したいけれど、そこまでいたらない、だったら最初からつき合うのも面倒だとおもって積極的に行動しにい草食系男子が増えたのだと思います。

かといって自力で副収入をふやそうと考えても。多くの企業が副業を社内規定で禁止していては、帰宅後に自宅仕事でもして収入を増やすのにも、リスクがあります。

在宅副業ぐらい、十分に給与が支払えないのだから、企業は解放すべきであると思います。

もはやダブルワークなしに、年収を大きく増やすすべはないと思います。

トップへ戻る